Profile

Yosuke Takeda was born in 1982 in Aichi Prefecture and graduated with a degree in philosophy from Doshisha University in 2005.

Whilst studying, he started working with darkroom production and triggered by the gradual discontinuation of photographic film and paper he shifted towards digital photography. He continues to produce various works overflowing with a penetrating degree of consciousness towards photography as a medium.

Recent solo exhibitions include, “cancel,” 3331 GALLERY, Tokyo (2012), “Stay Gold,” Taka Ishii Gallery, Tokyo (2014), and “Stay Gold: Digital Flare,” Kurenboh, Tokyo (2014). Takeda’s works are included in the collections of the San Francisco Museum of Modern Art, Kadist Art Foundation and The Bank of Spain.

CV En

1982年、愛知県名古屋市生まれ。2005年、同志社大学文学部哲学科卒業。

大学在学中より銀塩写真での制作活動を始める。フィルムや印画紙の生産中止など、従来の銀塩写真の制作が困難になる状況をきっかけに、デジタル写真へと移行。写真というメディウムに対する透徹した制作意識を湛えた作品を発表し続けている。

近年の個展に、「キャンセル」 3331 GALLERY(東京、2012年)、「Stay Gold」 タカ・イシイギャラリー(東京、2014年)、「Stay Gold: Digital Flare」 空蓮房(東京、2014年)など。サンフランシスコ近代美術館、カディスト美術財団、スペイン銀行に作品が所蔵されている。

CV Jp

:)